購入と売却を同じ不動産会社に依頼するべきか

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> 購入と売却を同じ不動産会社に依頼するべきか

購入と売却を同じ不動産会社に依頼するべきか

家族構成や勤め先の変更によって、せっかく購入したマンションの住み替えが必要になる場合があります。マンションは決して安い買い物ではありませんから、一生に何度も買い替える人はあまりいないことでしょう。上手に売り買いするには専門家の助けを借りるのが賢い方法です。では、マンションを購入する時と売却する時、どんな不動産会社を選んだら良いのでしょうか。

結論から言うと、購入と売却は同じ不動産会社に依頼するべきです。なぜなら、不動産の購入にも売却にも仲介手数料がかかりますが、同じ不動産会社に依頼することで手数料の割引を期待できるからです。また、マンションの値段は高いので、すぐに買いたい人や売りたい人が見つかるわけではありません。立地や価格などがちょうど良いマンションが見つかっても、今住んでいるマンションの買い手がなかなか見つからないと、購入費用を準備するのが難しくなります。今住んでいるマンションの買い手が見つかったのに、ちょうど良い引っ越し先のマンションが見つからない場合もあります。購入も売却も同じ不動産会社に依頼していれば、購入と売却が同じタイミングで行われて、購入代金が売却代金に直接使われるように手配してもらえることでしょう。

住んでいたマンションを売却する時は、できるだけ高い値段で売却先を見つけてくれる不動産会社を選びましょう。中古のマンションの買い手を見つけるのは新築マンションに比べると難しいことが多いのですが、地元に密着した不動産会社であれば、普段からのいろいろな取引で誰がどんな物件を欲しいと思っているかを知っていて、売却予定のマンションを掘り出し物として紹介し、売る人にも買う人にもメリットのある取引にしてくれる可能性が高いです。

では、欲しい物件が決まっていて、その物件を持っている不動産会社が今住んでいるマンションをテリトリーに含んでいない場合は、誰に仲介を頼んだら良いのでしょうか。購入予定の物件を持っている不動産会社に全部任せた方が良いのでしょうか。答えはNOです。不動産会社同士はお互いに連携していて、自社の広告に出していない物件の情報も持っていたり、自社が関わっていない物件であっても、不動産会社同士のコネクションを利用して、お客さんの代わりにその物件を自社から販売させてくれるように相手の不動産会社に頼むことができるからです。欲しい物件が決まっているのであれば、問題は今住んでいるマンションの売却だけですから、今住んでいるマンションの売却に強い不動産会社を探して、売却と同時に希望のマンションに引っ越せるように手配してもらいましょう。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.