マンション住み替えにかかる諸費用

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> マンション住み替えにかかる諸費用

マンション住み替えにかかる諸費用

マンション住み替えを検討しているなら必ず頭に入れておかなければならないのが、どのくらいお金がかかるかという点です。住み替え時にかかる諸費用は状況によっても異なりますが、きちんと把握しておかなければ負担が大きくなります。その後の生活を圧迫する原因にもなりかねませんので、計画する時点でしっかりと数字を出しておきましょう。

まず必要なのがマンションを売るときにかかる費用で、これは仲介手数料・印紙代・登記費用の3つです。仲介手数料はマンションを売るときに利用した不動産会社へ支払う報酬で、たとえば消費税抜きで400万円を超える物件の場合、成約価格の3.24%+6.48万円(消費税込)の計算式で求められます。ただしこの計算式は簡易的なものなので、正式な金額を知りたい場合は不動産サイトなどを参考にして出してください。また印紙代は、マンションを売るときに必要になる売買契約書が課税文書なので必要になるものです。印紙代は売却金額によって変わりますから、こちらも不動産サイトで調べたり、取引している不動産会社に問い合わせたりして確認しましょう。そして3つ目の登記費用ですが、これは名義変更などを司法書士に依頼すると発生するものなので、登記を自ら行う場合は不要です。もし依頼する場合はだいたい3〜5万円程度かかると言われていますから、名義変更を司法書士に依頼するときは計算に入れておいてください。

次に売却を考えているマンションのローン残高が残っている場合、それを全額返済してからでないと売れませんから、ローンが残っているならまずは返済を最優先しなければなりません。ただし自己資金で一括返済する、売却したお金で全額返済する、売却したお金+自己資金で返済する、のいずれかで完済できるならローンが残っていても売却することができます。

このほかにも新たにマンションを購入するためにかかるローンの頭金や、住み替えする物件が中古マンションの場合は仲介手数料がかかりますし、印紙税、登録免許税といった売却時に支払う税金もあれば固定資産税、都市計画税といったマンション購入後に支払っていく税金もあります。また、地震保険や火災保険もかかりますし、引っ越し時にかかる費用も計算に入れておかなければなりません。

このようにマンション住み替え時にかかる諸費用は思った以上に高額になる可能性がありますので、スムーズな住み替えを進めるためにもどこにいくらかかるかきちんと把握できる状態にしておきましょう。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.