住み替え時の手順は?売却が先?購入が先?

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> 住み替え時の手順は?売却が先?購入が先?

住み替え時の手順は?売却が先?購入が先?

マンション住み替え時に必ず話題になることのひとつに、住み替えの手順があげられます。これは簡単に言うと売却が先か購入が先かという点で、意見が分かれます。そこでここでは売却を先にした場合と購入を先にした場合のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

はじめに売却を先にした住み替えをする場合、メリットしてあげられるのは売却の時間に余裕が持てるところと資金のシミュレーションがしやすいところです。売却の時間を長く持てるのでその分高く売れる可能性も高まります。また、すでに売却金額が分かっているので後から負担になることもありません。慎重にできるだけ負担を少なくしたいなら先に売ったほうがおすすめでしょう。デメリットとしては次に住むマンションを探す間仮住まいを用意しなければなりませんので、その費用が発生するという点です。したがってできるだけ早く次の物件を決めたほうがより負担も少なくなります。売る前に次の候補をいくつかピックアップしておくとスムーズに計画が進められます。

次に購入を先にした場合は物件探しに時間がかけられる点がメリットです。先に売却しているとその間仮住まい暮らしになるため、できるだけ早く決めなければならないプレッシャーがありますが、そういった心配はありません。ただし、売却が後になるので購入資金には余裕がないといけませんし、売却のタイミングが決まらないまま計画が進むので住宅ローンが二重になるおそれがあります。したがって購入を先にするなら売却予定の物件が予想していたよりも安く売れることのない様にしなければなりません。たとえばあらかじめ不動産会社に簡易的な見積もりを立ててもらうなどしておけば大幅な開きは抑えられます。また立地が良いなど物件の価値が落ちにくいことが分かっているなら購入が先でもいいかもしれません。一番注意するべき点は売却金額が予想を下回る可能性がある点です。

最後に流れとしては購入の場合、予算と物件条件を決めて現地確認、そして重要事項等の説明を受けて売買契約を終結し手付金を支払います。それが終わったら住宅ローンの審査に入り、問題なければ決済となります。売却の場合は相場を調べて対象マンションの査定を依頼し、不動産会社を選んで売却価格を決めます。その後購入希望者と交渉して売却価格を決めて決済します。先に売却している場合は売却手続きをした後に仮住まいを決めてから購入の流れに移ります。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.