戸建てからマンションへ住み替える際の注意点

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> 戸建てからマンションへ住み替える際の注意点

戸建てからマンションへ住み替える際の注意点

いろいろな事情があって戸建てからマンションに住み替えることがありますが、このときに注意したいのはどんなところでしょうか?できるだけ快適な生活を送るためには変化にうまく対応することが大切になります。戸建てとマンションでは生活スタイルに変化が出てくる点もあるので覚えておきましょう。

はじめに戸建てからマンションに移るとどうしても狭さを感じてしまう人が多いです。これまで広い家に住んでいたので当然ですが、限られた部屋をうまく利用する工夫をしなければなりません。特に物を保管できるスペースは限られますから、引っ越しを機に処分するかレンタル倉庫を利用するなどの対応が必要でしょう。処分するならリサイクルショップに売ったりインターネットオークションへ出品するのもおすすめです。

次にマンション購入にあたって現在の住まいを先に売るか、後に売るか悩むところです。先に売る場合、購入先のマンションが決まるまで仮住まいが必要になりますから、早めに決めないとコストがかかります。逆に後から売る場合は予想していたよりも安い価格でしか売れないかもしれませんので、あらかじめ資金を多めに用意しておくといいでしょう。

さらにマンションで生活する際には戸建てに住んでいるときにかからなかった費用が発生する可能性が高いです。たとえば管理費や修繕費はどこのマンションでも必要になります。管理費とはマンションの共有スペースを維持管理するために必要なお金です。金額は住むところによって異なりますが、東京の場合およそ1万円〜1万5千円程度だと言われています。また、修繕費とはマンション全体の資産価値を落とさないために定期的に手直しするためのお金で、毎月積み立てになることが多いです。金額は管理費と同じくらいのところがほとんどでしょう。そして自動車を所有している場合、駐車場料金も必要になります。こちらも住むマンションによって金額は異なります。バイクの場合は駐輪場と兼用になっていて無料のところもあります。

最後にマンションにせよ戸建てにせよ住み替えをするときには計画的に進めていくことが大切になります。どこの不動産会社を利用するのか、住宅ローンはどこで組むのかなど重要なことはできるだけ早く決めたほうがいいでしょう。かと言って急ぎ過ぎて信頼できないところに依頼するのもいけませんから、余裕を持って行動してください。住み替えの流れを作成してそれに沿っていくとスムーズに進められるでしょう。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.