今までのマンションは売却するか賃貸に出すか

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> 今までのマンションは売却するか賃貸に出すか

今までのマンションは売却するか賃貸に出すか

マンション住み替えにあたって一番問題になるのが、現在住んでいるマンションをどうするかという点です。これは売却か賃貸に出すかの2択になることがほとんどでしょう。ここではそれぞれの特徴を紹介していきますので参考にしてください。

はじめに売却する場合のメリットは次に住むマンションの購入費用に充てられるというところです。やり方次第ではかなり高額で売れることもありますし、ローン返済の負担も減りますので生活への影響も少なく済みます。また自分たちの手から離れるので、その後の心配をする必要がないところもメリットと言えるでしょう。一般的にマンション住み替えをする場合はこの方法を選択するケースが多く、これは新たに住宅ローンを組んで購入するところがほとんどだからです。さらにマンションは資産価値が高いうちに売ってしまった方がお得なので、住み替えを前提に購入するなら売却したほうが利益が出る可能性が高くなります。ただし、資産価値を正しく把握するには専門家に相談したほうがいいでしょう。また必ず希望する価格で売れるわけではないので失敗するリスクも頭に入れておかなければなりません。

次に賃貸に出す場合、売るのではなく貸し出すことになります。売却は一度売ると自分の手から離れてしまいますが、賃貸ならうまくいけば長期的に安定した収入が見込めるので、その点は大きなメリットと言えます。立地が良いなど条件の整っているマンションだと入居希望者も集まりやすいです。また所有権を保持した状態なので将来もう一度住むこともできます。ですから家を手放したくないけどしばらく使わないなら売るよりも賃貸に出す方がおすすめです。ただし、賃貸に出すなら空室になるリスクがあることも頭に入れておかなければなりません。当然ながら空室の状態だと家賃収入はゼロですし、その間でも毎年固定資産税はかかります。さらに修繕費用の請求があれば支払わなければならないので、入居者がいない場合はマイナスになります。そして経年とともに資産価値も下がっていく可能性が高いですから、売りたいときにはかなり安くなるケースも考えられます。

このようにマンションを売却するにしても賃貸に出すにしても良いところもあれば悪いところもあります。その点を把握して現在の価値を確認してからどちらがいいか判断してください。最近では簡易的な見積もりをインターネットで出すこともできるのでそういったサービスも利用するといいでしょう。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.