マンション住み替えで損をしないためには

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> マンション住み替えで損をしないためには

マンション住み替えで損をしないためには

マンション住み替え時には誰もが失敗したくないと考えているでしょう。しかし購入後かなり時間が経過してから失敗だったと感じることもありますので、事前の情報収集はとても大切です。それでは損をしないマンション住み替えのポイントはどこにあるのでしょうか?

まずひとつめは資産価値の落ちにくい物件を選ぶことです。資産価値をできるだけ一定に保てれば購入価格と売却価格の差を少なくできますし、次に住み替えするときの予算も多くなります。資産価値の落ちにくい物件とは簡単に言うと立地が良い・しっかり管理されている・規模が大きいという3つの条件が当てはまります。立地の良い物件はマンションに限らず人が住みたがりますし、周辺環境が良いです。また、管理している人や会社が建物の資産価値を落とさない様にしっかりメンテナンスしていれば綺麗な状態を保てるので、そこもプラス要素になります。そして規模が大きい物件だと周囲に商業施設が併設していることも多く便利です。加えて修繕費用の負担も減るのでその点もメリットと言えるでしょう。

次に無理のない住宅ローンを組むという点もポイントで、これはマンション購入後の生活を考えればかなり重要です。せっかく希望する物件を購入できたのにローンの返済で苦しめられればそのことばかり考えなければなりません。ですから、住宅ローンを組むときには自分の収入に見合ったプランを設定してください。現在住宅ローンは低金利時代ですが、それでも長期間返済するとなると負担になります。少しでもその負担を軽減するためにもローン担当者としっかり打ち合わせして決めましょう。

さらに住宅ローンを組んでマンション購入している場合、毎月かかるお金はローン返済分だけではありません。ほかにもマンションの管理費や修繕費用の積立金がかかる場合もあります。車を所有しているなら駐車場代も必要になるのでこれらも計算に入れておいてください。また毎年かかる固定資産税や都市計画税といった税金も忘れてはいけません。

このようにマンション住み替えで失敗しないためには物件そのものの価値に加えて、自身の生活をキープできることが大切です。良いマンションを見つけても分不相応であれば生活を圧迫しますし、低価格で購入できるマンションは再度住み替えするときの価値も期待できません。余裕のある住み替え計画を立てて、現在と未来の両方で満足できる選択をしましょう。そのためには専門家の力を借りて計画するほうがおすすめです。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.