マンションから戸建てへ住み替える際の注意点

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> マンションから戸建てへ住み替える際の注意点

マンションから戸建てへ住み替える際の注意点

将来は戸建ての家に住みたい、そんな夢を持っている人も多いのではないでしょうか。しかしマンションから戸建てへ住み替える際には注意しなければならない点があります。マンションに住んでいるときには考えられなかった点もあるので、きちんと対応できる様に準備してください。

まず最初にマンションから戸建てに住み替えるメリットは、何と言っても広いところです。結婚し、子供が生まれればそれなりに広い住宅環境が必要になります。戸建てなら将来に備えて子供部屋を用意したり、庭で家庭菜園を楽しむこともできるでしょう。戸建てに住み替える理由はほとんどが家庭環境の変化だと言われており、その後の生活を有意義にすることが目的になります。

しかしのびのびと生活できる反面、これまで意識してこなかったことも考えなければなりません。たとえばアクセス面の変化は多くの住み替え経験者が挙げている点ではないでしょうか。一般的にマンションはアクセスの良い場所に建てる傾向が強く、スーパーや病院、学校などへ行くために困ることはほとんどありません。また、駅に近いマンションに住んでいると通勤も電車利用になるケースが多いです。しかし戸建てはある程度広い土地を必要としますし、必ずしも良い立地の場所へ建てられるとは限りません。できるだけコストを抑えるなら当然立地はマンションよりも悪くなることが多いです。そうするとこれまで必要性を感じなかった車の購入も新たに検討しなければなりません。もともと車を頻繁に利用していれば問題ありませんが、大きな街だと駐車場代も高く車は持たないところも多いです。したがって戸建てに引っ越す際に新たに大きな出費が出てくる可能性も頭に入れておく必要があります。

さらにセキュリティ面もマンションと比べると悪くなります。マンションの場合、最近はほとんどのところでオートロックになっていますし、監視カメラも設置されています。また警備会社と提携して24時間トラブルに対応しているところも少なくありません。戸建てに住むなら新たなセキュリティ対策を練らなければならないでしょう。

このようにマンションから戸建てに住む場合、住宅環境がガラッと変わります。それにうまく対応するためにも変化することを前提にしっかり準備してください。特に子供がいる家庭ではセキュリティ面が非常に重要になりますので、携帯電話や防犯ブザーを持たせるなどの対策をおすすめします。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.