残債があっても住み替え時に新規ローン審査は通るか

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> 残債があっても住み替え時に新規ローン審査は通るか

残債があっても住み替え時に新規ローン審査は通るか

マンション住み替えをするとき、ほとんどの人が現在住んでいるマンションを売って新しいマンションの購入費用に充てます。しかし新しいマンションの購入費用を売却したお金で賄えるケースはほとんどないでしょう。そこで気になるのが住み替え時に残債があっても新規の住宅ローンを組めるかという点です。

まず知っておかなければならないのが住宅ローンを組むためには審査を受ける必要があり、融資条件を満たしていなければいけません。審査基準は融資を受けるところによって異なる部分もあるので、必ず審査に通る方法はありません。ただ審査に通る可能性が高いのは安定した収入があること、ほかにローンを組んでいないことだと言われています。基本的に返済能力が認められれば融資可能と判断しますので、余裕のあるプランを組む前提で申し込めば問題ないでしょう。ただ一般的な住宅ローンを組むならこれでいいかもしれませんが住み替えでローンの残債がある場合は事情が変わってきます。すでにローンを組んでいるという点では借金を抱えたまま次の借金をするのと同じなのでマイナスになります。

それでは残債があると住宅ローンが組めないのかと言われればそうではありません。現在住宅ローンには住み替えローンと呼ばれるプランを提供しているところがあります。住み替えローンとは住み替えを前提にした住宅ローンですから残債があっても問題ありません。銀行のおまとめローンとよく似ており、残債も含めた金額を融資してくれるシステムになっています。ほかにもダブルローンという方法があり、これはシンプルに現在の住宅ローンを支払っている状態で新規の住宅ローンを組むプランです。ただしどちらの方法も一般的な住宅ローンよりも負担が大きくなりますので、収入に余裕がなければ組めないでしょう。なぜなら現在支払っている住宅ローンの倍、それ以上の金額を毎月返済していかなければならないからです。また融資する側から信頼を得なければなりません。基準としてダブルローンは収入の35%以内であれば組めると言われていますから、まずは収入と照らし合わせて基準をクリアできるか判断しましょう。

このようにローン残債がある状態でも新たな住宅ローンを組むことは可能です。しかしそのためには通常の住宅ローンよりも高いハードルをクリアしなければなりませんし、返済金額も大きくなります。これからマンションの住み替えを検討するならその点も頭に入れて計画してください。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.