マンション住み替えに適した時期・タイミング

マンション住み替えTOP >> 住み替えの基礎 >> マンション住み替えに適した時期・タイミング

マンション住み替えに適した時期・タイミング

将来、マンションの住み替えを検討している場合、気になるのがどのタイミングで住み替えするのかという点です。現在住んでいるマンションを売って購入資金に充てることも多いですし、そうなるとできるだけ高く売れる時期を狙わなければなりません。いくら高く売れるからと言って頻繁に住み替えをしていると引っ越し回数も多くなりますし、かと言って長く住み過ぎて価値が下がってしまうのも好ましくないでしょう。ひとつの基準として10年を目安にするのがおすすめで、これにはいくつか理由があります。

まずはじめに住宅ローン控除が受けられる期間が10年間というのがあげられます。この制度はマンションや一戸建てを購入してから10年間は毎年年末にローンの残額1%にあたる金額を所得税から控除されるシステムになっています。したがって控除を受けられる期間を過ぎたときを目安にする人はけっこう多いそうです。

次にマンションを購入するときにはほとんどの場合、住宅ローンを組みます。このとき10年完済で組んでおくと10年固定金利が設定されるため通常よりも金利がお得になります。またこのやり方だと完済できているので売るときにローン残高を気にしなくても良いというメリットがありますから、住み替えのタイミングとしてもおすすめなのです。

さらにマンションの場合、管理している側の事情が絡んでくることもあって、たとえば修繕のタイミングは住み替えのターニングポイントと言えます。一般的にマンションは資産価値を高く保つために定期的な修繕を行います。この際に住人から修繕費を徴収することも多いので、その前に住み替えをしてしまうといいかもしれません。修繕のタイミングはだいたい10年程度が目安になると言われています。

ほかにも2020年の東京オリンピックを前に不動産価格が下がる可能性が予想されています。特に大きなマンションの場合は部屋数も多いので、売るタイミングが被ってしまうケースもあります。そうすると競合物件となってしまうため、価値が下がりやすくなります。

以上の点を踏まえて10年というのはひとつの目安にして間違いない数字ですし、住み替えを前提にしたマンション購入をするなら覚えておきたい部分です。オリンピックなど大きなイベントがあると影響を受けることもありますから、時代の流れを読むことも重要かもしれません。まずは現在の価値を把握し、その後の予想を立てるのがベストではないでしょうか。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.