住み替えたいのに売れない場合は

マンション住み替えTOP >> コラム >> 住み替えたいのに売れない場合は

住み替えたいのに売れない場合は

子どもたちが大きくなって、それぞれの個室を必要とするようになると、マンションの住み替え時かもしれません。子どもたちが通う学校の近くに手頃な物件が見つかったとしても、今住んでいるマンションの買い手が見つからないと購入資金のめどが立たず、困ってしまうこともあるでしょう。なかなかマンションの売却がうまくいかない時は、売れない理由を分析する必要があります。

まず、販売価格が高過ぎる可能性があります。ここで言う販売価格には、マンションの管理費や修繕のための積立金が含まれます。マンションの修繕のための積立金は築年数が経過するにつれて高くなっていく傾向にあります。今は、マンションの修繕のための積立金がそれほど高くなくても、10年後の積立金の額を月々の住宅ローンの返済額に加えて考えると、とても高くなってしまう場合もあるのです。売却の仲介を依頼した不動産会社が付けた値段でなかなか売れない場合は、周辺の似たようなマンションの値段を調べて、自分のマンションの売値が相場と比べて高過ぎないか検討してみるのがお勧めです。

同じマンションの中で複数の部屋が売りに出されている場合、問い合わせはあるのに自分の部屋がなかなか売れない理由となり得ます。駅や学校までの立地は同じですが、階数や日当たり、エレベーターまでの距離などがシビアに比較されてしまいます。早く売ってしまいたいならば、値段を下げることも検討対象ですが、その前に部屋をきれいに見せる工夫をしてみましょう。同じような値段の同じような物件であれば、できるだけ明るくてきれいな部屋に住みたいと思うのが人情です。マンションの購入希望者が部屋の中を見に来た時に、部屋が散らかっていると、購入した後のイメージをつかみにくいです。マンションの売り出しが決まったら、購入希望者がいつ部屋を見に来ても良いように、部屋の中をいつも片付けておきましょう。窓はきれいに磨き、毎日使わない物は段ボール箱などにしまって、部屋の中を極力がらんとした雰囲気にすると、明るくてきれいな印象を出すことができます。

依頼した不動産会社が積極的に売り出してくれないこともあります。不動産会社にとっては、同じ物件の売却と購入の両方を仲介すると手数料を2倍受け取れるので、ほかの不動産会社から買い手を紹介されても応じない場合もあるからです。マンションがなかなか売れない場合は、ほかの不動産会社にも相談して、自分のマンションがほかの不動産会社からでも購入できる状態になっているか調べてもらいましょう。囲い込みが行われているようならば、売却を依頼する不動産会社を変えた方が良いでしょう。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.