マンションの住み替えは何年くらいが一般的か

マンション住み替えTOP >> コラム >> マンションの住み替えは何年くらいが一般的か

マンションの住み替えは何年くらいが一般的か

マンションの住み替えをするならば、10年が経つより早く住み替えるのがお勧めです。理由は、中古のマンションの購入を考えている人は築10年未満のマンションの中から物件を探すことが多いからです。新築マンションに住んで10年が経つ前に住み替えれば、買い手がわりとすぐに見つかりますので、住んでいたマンションの売却費を、引っ越し先のマンションの購入費に充てることができます。上手に物件を選んでいけば、住み替えの度に豪華なマンションへとステップアップすることも可能です。

新築から10年以上経つと、なぜマンションの売却が難しくなるかを説明します。マンションは大抵コンクリート製ですが、きちんとメンテナンスをしていけばコンクリートの建造物の寿命は100年だと言われています。しかし、メンテナンスにはお金がかかります。新築から30年も経つとコンクリートに亀裂が入ったり、窓などのシーリング部分が劣化して、雨漏りなどの心配が出てきます。また、手すりやドアなどの金属の部分にサビが出て腐ってしまうこともあります。こうなると大規模な修繕工事が必要です。

マンションは1つ1つの部屋で持ち主が違うので、メンテナンスの費用はみんなで分担しなければいけません。そのため、マンションは管理費の名目でメンテナンス費用の積み立てをしているのですが、空き部屋が多いと必要なメンテナンス費用が貯まらないことがあります。メンテナンスをするか建て替えるか入居者全員で相談した結果、建て替えることに決まるケースも珍しくありません。

築10年以上のマンションの場合、せっかく中古のマンションを購入してもローンの支払いが終わらないうちに引っ越さなければいけなくなったり、改修費用の積立金が重くのしかかる可能性があるので、買い手はできるだけ新しいマンションを探す傾向にあります。

しかし、30年以上建っているマンションでもきちんとメンテナンスがしてあれば、100年くらいまで住み続けることができるわけですから、10年ごとに必ずマンションを住み替えなければいけないわけでもありません。事実、マンションが建っている場所が駅や学校に近かったり、花火が良く見えたりする好立地であれば、築20年くらい経っていても高額で取引されているマンションもあります。マンションの住み替えを検討する人は、世帯主の転勤や子どもの成長など自分たちの都合をきっかけにしており、10年周期で引っ越している人はあまり多くはありません。

>>マンション住み替えの第一歩は売却価格を知ることから!人気の一括見積もりサービスはコチラから!


Copyright (C) 2017 マンション住み替えの教科書 All Rights Reserved.